« 崖っ縁アイドル“渦中”投手と1泊愛 | トップページ | YUKIのシングルコレクション »

2007年5月20日 (日)

なぜ「FF」はいつまでも強いのか?


5月12~13日。幕張メッセで「スクウェア・エニックス パーティー2007」が開催されました。同社の新規タイトルを体験プレイできる展示会です。2日間で7万5000人を超える入場者があり、大盛況となりました(写真)。

 写真ではスライムが目立っていますが、会場で目を引いたのは、やはり「ファイナルファンタジー」(以下FF)というブランドの強さです。

 私たちは、ついプレイステーション(PS)3で開発されている「ファイナルファンタジーXIII」だけに注目してしまいがちですが、「FF」ブランドの強さは、むしろ多種多彩な外伝シリーズ・移植シリーズを、各種ハードで多角的に展開しているところにある。それを肝に銘じておかないと、メーカーの意図を読み損なってしまいます。


10本を超える「FF」タイトル

 なにしろ今回の発表会では、「FF」と名の付くものだけで10本を超えるタイトルが出展されました。専用ブースで体験プレイできるものだけでも、ニンテンドーDSで3タイトル、PSPで1タイトル、PS2で2タイトル(うちXbox360やPCでも遊べるマルチタイトルが1つ)と、人気ハードをすべて押さえるという盤石な布陣です。

 これほど多くのソフトを出展しているにもかかわらず、それぞれのブースでは、2~3時間待ちの行列が作られました。人気シリーズを多角的に展開する戦略は、大成功をおさめています。

 さらにはケータイ用のオリジナルタイトルや、純粋な映像作品もある。また、PS3用タイトルとして期待されている「ファイナルファンタジーXIII」をはじめとして、映像出展されたタイトルも多数ありました。多角的に展開する「FF」シリーズの各タイトルの割合を見るだけで、現在のデジタルエンタテインメントビジネスの潮流が見えてくるような発表会でした。


バイオハザード4 wii
「バイオハザード4Wiiedition」。Wiiリモコンを使った全く新しい操作方法により、直感的に行動が可能!
ワゴンR
中古車ランキングでは常に1位のワゴンRいまだ人気衰えず!
プラダ バッグ
プラダといえばバッグが有名です。プラダのカバンや財布など各種取り揃えております。
ホームページ制作
デジタル北海道は、高い効果を目指すべく、分析や企画立案などの「Webプランニング」、撮影・ライティング・デザインなどの「Webデザイン」、ホームページ公開後の更新や運用、効果測定などの「Webマネジメント」の業務を行っていきます。

« 崖っ縁アイドル“渦中”投手と1泊愛 | トップページ | YUKIのシングルコレクション »